【失敗しない中学受験】女子校のメリット その1男子のいない世界【学校選び】

大人の世界はまだまだ男女不平等とも思える部分が多い…残念ながら、これが日本の現実です。それは私立中高一貫校内における男女関係にも反映されており、例えば、クラスのまとめ役を決めるとなれば、級長(灘中風の言い方です)は男子、副級長は女子というのがまだまだ暗黙の了解になっています。見えざる制度として、男勝りが許されない旧弊が残っているのです。

しかし女子校では、そもそも男子がいないので、女子だけでな何でもしなければなりません。クラスの運営や部活動も女子だけで進めていく中で、「女子だから…」という固定観念が溶けて、自主性や行動力が身についてきます。時には力仕事も男性の仕事ではないため、積極的に取り組まなければなりません。こういった6年間を過ごすことで、社会に出た後、男性と対等に渡り合っていけるようになるのです。そして言うまでもなく、これは社会そのものの大きな活力になることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする