【失敗しない中学受験】小学4年生 理想の1年〈ゴールデンウィークまで〉

中学受験はいつから?

中学受験では一般的に小4から「受験生」と呼ばれます。塾で習う内容が直接的に入試本番に出題されるからです。最近は低学年から入塾する傾向がつよくなっているものの、もっとも多くのお子様ご家庭が中学受験の世界に足を踏み入れる学年でもあります。

小学4年生の目標

「受験生」としての小4最大の目標は、学習習慣をつけることです。塾→復習→テスト→また塾…というサイクルの中での、自宅での「復習」という点に深く関わります。

では、小学4年生の理想の1年と、その注意すべきポイントを見ていきましょう。

f:id:kanaharaK:20190324112413p:plain

2月上旬 (小学校ではまだ3年生)

どんな塾に入ればよいのか?

塾選びのポイントは、子どもは感情(気持ち)、保護者は客観的というように2段階の基準をもちいましょう。まず子どもを塾に連れていき、雰囲気や先生に対する印象などで好評だった塾が、まずは〇です。しかし、それで決めてしまうのは早計です。次に、保護者が客観的に指導方針、指導の方法、教材の質、先生の実力、通塾生の様子などを厳しくチェックしましょう。最近は子どもの自主性を重んじるあまり、「子どもがいいと言っているから」という理由だけで塾を選んでしまうご家庭がよく見られます。大人の視線で、子どもにとってのベストの塾を見極めましょう。

※実際の塾の入室テストや新学年の準備する講座は、秋ごろから始まっています。したがって本当は2月から塾を調べるということでは少し出遅れることにはなります。

3月下旬から4月上旬

はじめの季節講習

春期講習では小学校が春休み中ですから、勉強のためにまとまった時間を確保できます。そこではじめての「勉強の計画表・日程表」を作成してみましょう。そしてその通りできるのか、春のチャレンジをしてみましょう。結果的に計画が破綻してしまっても何の心配もありません。次の夏期講習での計画的な学習の貴重な予行練習になっているのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする