【失敗しない中学受験】小学4年生 理想の1年〈夏休み〉

夏期講習の学習面

いよいよ夏休みです。まず、塾での夏の課題とは別に、自宅で4年前半の内容を総復習しましょう。テキストを全部やり直すのが大変だったり、時間がないのであれば、間違い直しだけでも、テストをやり直すだけでもよいでしょう。春にやったことなどもう忘れてしまっているのではないでしょうか。しかし心配はありません。一度しっかりと学習面した内容ならば、記憶する脳という側面からは、忘れてしまったことはむしろプラスです。総復習することで、本当の記憶として定着するのです。もうそうそう脳から消えません。この時期に総復習するか否かは、のちのちの成績アップや安定的な成績維持にとって重要な分かれ道になります。

さて一方で夏休みだからこそできる「体験」もすべきでしょう。塾での勉強から離れて、例えば自然体験をすると、理科や社会にプラスであるだけでなく、精神的な成長もうながします。

f:id:kanaharaK:20190324223406p:plain

夏期講習の生活面

あれもこれも学習面では盛りだくさんの夏休みですが、メンタル面において大きな落とし穴があります。夏休みは1ヶ月以上あります。夏休みが始まったら頭初は、意欲的にスタートダッシュしたものの、8月の2週目、お盆前の頃には中だるみという危険がやってきます。予防策としては、そのような危険性がぽっかりと口を開けて待っているということを親子ともども十分に認識しておくことでしょう。そうしておくことで、実際にそうなっても焦らず冷静に対応できるでしょう。

f:id:kanaharaK:20190324223648p:plain

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする