【中学受験】小学5年生から入塾して間に合うのか?【よくあるご相談】

結論から申し上げれば、間に合います。

f:id:kanaharaK:20190404091429p:plain



難関中学を目指す塾の多くが、スパイラル型のカリキュラムを組んでいます。「スパイラル型」とは、らせん型ということです。例えば、4年生の前期(夏まで)で学んだ内容を、後期(9月以降)でくり返しとして復習しながら発展的に学習していくようなカリキュラムです。


したがって、5年生のスタート時(小学校では4年2月)に入塾しても、塾では4年の復習をしながら5年の内容を付け加えていくというかたちで進んでいきます。もちろん4年生の1年間を通っていた子よりは、すべて初めて習う内容ですから負担は大きくなるでしょうが、意欲的に取りくめれば問題はありません。


なお、後発で受験勉強をはじめたご家庭の中には、「遅れ」を取り戻そうと、集団授業の他に個別指導の塾に通う、いわゆるダブルスクールをされる方がいます。しかし、集団も個別も中途半端、虻蜂取らずの状態になる失敗も多いので、まずは集団授業の塾に慣れることに集中していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする