〈中学受験〉私立中高一貫校とお金〈6年間でかかる費用〉1/2ページ目

子どもの学習費 総額

文部科学省が隔年で発表している「子どもの学習費調査」をもとに、公立校と私立校の、中高6年間の学習費(学校教育費+学校給食費+学校外活動費)の比較をしてみました。

公立 中学約48万円 高校 約45万円 → 合計93万円

私立 中学 約132万円 高校 約104万円 → 合計236万円

私立の学習費の総額は、公立の約2.5倍になっています。

f:id:kanaharaK:20190414181314p:plain

子どもの学習費 学校教育費

詳しくというか、細かく見ていきましょう。3つの項目(学校教育費・学校給食費・学校外活動費)の中で、公立と私立の差が最も大きいのが学校教育費です。

「学校教育費」とは、

学校教育のために各家庭が支出した全経費で、学校が一律に徴収する経費(学校調査)及び必要に応じて各家庭が支出する経費(保護者調査)の合計額(授業料、修学旅行・遠足・見学費、学級・児童会・生徒会費、PTA会費、寄付金、教科書費・教科書以外の図書費、学用品・実験実習材料費、クラブ活動や運動会などの教科外活動費、通学費、制服、通学用品費など)

公立 中学 約13万円 高校 約28万円 → 合計41万円

私立 中学 約100万円 高校 約76万円 → 合計176万円

私立の学校教育費は、公立の実に4.3倍です。

高い学習費の理由

ここまで見てきた「私立」とは必ずしも中高一貫校だけを指しているのではありません。しかし比べてみると、あらためて「私立はお金がかかるなぁ」と嘆息する方もいるのではないでしょうか。

それでは、そんな金額を支払う価値があるのでしょうか?答えはもちろんYESです。その理由は大きく言うと、次の3つです。

①教科教育の素晴らしさ →教育内容の充実や独自性の強さ

②良い人間関係が築ける環境 →学力的にも経済的にも似た境遇で価値観が近い友人

③大学合格実績の素晴らしさ →6年間にわたる計画的な受験指導

これらの価値のためには決して高くはない金額だと思います。例えば、「①教科教育の素晴らしさ」の1つとして〈英語の授業時間数〉。公立は週4時間にしている学校がほぼ全てです。

それに対して私立は自由に設定されており、(英会話や英語以外の外国語を含めた)外国語の授業が週に6時間以上あります。週に10時間以上の学校さえあります。こういった自由時間数の違いは、そのまま「③大学合格実績」の伸びにつながります。

 (参考:『2019年度用 中学入試のための合格資料集』)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする