プロ目線!学校説明会でチェックしてほしい5つのこと【中学受験の学校選び】2/2ページ目

学校の施設編

職員室

学校の施設には、普通教室、芸術系教室、視聴覚教室、体育館、職員室などに注目すべき点は多いです。

これらの中で私が特に見て欲しいのは、職員室ですね。一口に職員室といっても、現在は様々な形態のものがあります。

f:id:kanaharaK:20190513081006p:plain


とりわけ新しい学校の職員室はとても開放的なものになっています。いつでも生徒がで入りでき、風通しの良い雰囲気ができているような職員室。それはとても理想的なものです。

閉鎖的な職員室は、必然的に生徒と先生との間に見えない壁を作りだすでしょう。あるいは、先生はえらいもので、生徒はそれに従う者というやや封建的な、学校制度を思い起こさせるものです。職員室の形状に注目してください!

食事スペース

「食育」という言葉があるように、現在は食事の時間も重要な学びの場です。

ただ単にお腹を満たすだけでなくただ単に栄養補給ではなく、食事を通して社会を知る、地球全体のことを考え、そういうきっかけになるのです。

学食なり、食事をする場所なりを見学した際には、そういう視点でご覧になっていただきたいと思います。

f:id:kanaharaK:20190513081040p:plain

学校によっては、生徒の色に関するレポートや発表などが壁に貼り出されている場合もありますので、興味を持ってご覧ください。

フリースペース

何か目的があるわけではないけれど、廊下の一角や階段の踊り場に椅子が何脚と机がある…まるでカフェのようなスペース…私立の中高一貫校ではそんな場所が用意されている学校があります。

生徒が友達と語らってもよい、先生に相談する場にしてもよい、食事をしてもよい…多目的に使用できるスペースです。

学校は基本的に管理されている場です。しかし、そのような場所が設置されていると、ストレスの解消や息抜きに使用できます。あまり良い言い方ではないかもしれませんが、「逃げ道」「逃げる場所」です。

勉強の疲れ、受験のプレッシャー、人間関係…いろいろと悩み、いきづまった時、ほっとできるんですね。長い学校生活の中では大切な問題だと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする