中学受験の6月、梅雨の季節をのりきるポイント

6月は祝日がありません。他の月に比べてイベントも少なく、じっくりと腰をすえて勉強をできるでしょう。

言いかえれば、一週間単位で、学習のペースがきちんと整いやすい時期とも言えます。土日の過ごし方も含め、家庭で再度勉強のスケジュールを見直してもよいでしょう。

f:id:kanaharaK:20190606141753p:plain

どの学年においても大前提となりますが、特別なイベントがないという事は、学習の習慣がいかに身に付いているか否かが、この時期の学習の充実度に関わってきます。

さらには、夏以降の学習の理解の深さ、さらに成績上昇につながっていきます。

6月という一か月をそのように位置付けて、意識しながらがんばっていきたいところです。

体調管理

梅雨の季節は体調を崩しがちです。特に小学生には、彼ら彼女ら本人の意識よりも、ご家族がその様子を注意深く見てあげることが大切です。

6年生に対する声かけ

出来不出来と言うより好き嫌いが分かれる学習内容に目を向けてみましょう。

6月は受験の天王山・夏に向けての下準備と言えます。夏には嫌いでも受験に重要な科目・単元には向き合わなければならないのです。

悪いイメージをもって夏の苦手で嫌いな科目た単元にのぞまないようにしましょう。少し理解が不十分な箇所があったとしても、子どもに「得意!」「嫌い!」と思わせないようにしましょう。

お母さんお父さんはお子さんのできていることを積極的にほめる作戦でいきましょう!

f:id:kanaharaK:20190606141822p:plain

6年生の保護者の方へ

保護者の方は、受験生の心のフォローと同時に、学校選びを固めていかなければなりません。

志望校判定のテストを踏まえて、本格的に併願パターンと向き合う時期になったのです。

第一志望校、そして抑えの学校をどこにするか、真剣に考えていきましょう。ただし、この時期は各学校の入試要項が最終的に固まっていないので、日程ごとの併願パターンはざっくりとしたものでもよいでしょう。

5月に引き続き、文化祭や体育祭が行われています。また学校説明会・合同説明会・オープンキャンパス・体育授業体験授業・学校見学会等が行われる季節でもあります。お母様お父様は広い視野でできるだけ多くの学校見ておくようにしましょう。


5年生の6月

塾によってカリキュラムや進度が異なるので、一概には言えませんが、5年生はこの時期に、算数で平面図形や割合が登場します。

これらは算数の最重要単元です。家庭での振り返りが大切です。

また、夏前に、科目や分野の中で特に苦手な苦手意識を持たないように学習の仕方を考えていきましょう。

勉強をしている時に、決して食わず嫌いにならないように、苦手で嫌いかも…と思っている科目や単元の、おもいろかったり、重要である実感が得られたりするポイントを見つけていきましょう。

例えば割合は、算数だけでなく、理科でも使っていきます。そう考えれば、少し苦手でもがんばって克服する気もなるでしょう。


4年生の6月

塾から帰ってきた子供に「今日は何を学んだ?」などと聞くと振り返りにつながります。

その子どもの生の声をふまえて、時には塾の先生のアドバイスを受けながら、学習の目標を立て、その実現のために何をしたらいいかをご家庭で離してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする