どっちが大きい?中学受験のメリットとデメリット

中学受験は小学生全員がするものではありません。したがって、するか否かの選択が迫られるわけです。

同じ小学校やクラスの友達や先輩がやっていたからなどと言う受動的な理由で始めることもあるかと思います。

しかし、生半可な気持ちでは取り組めないのも事実であり、やはり自らに内的な動機が必要になってくるのは当然でしょう。

f:id:kanaharaK:20190616131023j:plain

そこで、今、中学受験をしようか?しないか?続けようか?やめようか?と迷っておられる方のために、そのメリットとデメリットについてまとめます。


メリット

・人間的な成長に役立つ。(特に精神面)
・将来の勉強の基礎となるメソッド(いわゆる勉強法)が学べる
・勉強から面白さや楽しさを感じられるようになる
・子供の可能性へのチャレンジができる
・苦労をともにすることで親子の絆が深まる
・親子ともに貴重な人脈という財産をつくることができる

f:id:kanaharaK:20190616131053j:plain

デメリット

・受験勉強は子供に過度の負担になる。(肉体面精神面ともに)
・子供が友達と交流する時間が著しく減少する
・経済的負担が大きい
・親の精神的な負担が大きい


いかがでしょうか?デメリットの中には見逃されがちなものもあります。中学受験と言う大海原にこぎ出されるかどうかに関して、ご検討される際の一助になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする